消化酵素と代謝酵素の関係

消化酵素と代謝酵素の関係について

元々、体内で1日に作られる酵素の量は決まっています。1日に使える量も決まっています。この一定量の酵素が、消化酵素と代謝酵素に振り分けられているわけです。
酵素栄養学の著者エドワード・ハウエル博士は、「消化酵素を使いすぎると、代わりに代謝酵素が不足してしまう」と提唱しています。
つまり、食べ過ぎなどで消化酵素を使い過ぎてしまうと、代謝に回せる酵素が減ってしまい、逆に病気などで代謝酵素が消費されれば、消化に回す酵素が減ってしまうということですね。

酵素の種類と働きについて

 

酵素の種類は、体内酵素(潜在酵素)と食物酵素に分けられます。さらに体内酵素は消化酵素と代謝酵素に分けられます。現在発見されている酵素の種類は、約2万種類。ちょっと前までは3千種類と言われていたので、あれよあれよと言う間に増えた模様です。今後研究が進むにつれて、さらに増えことが予想されています。今これを書いている瞬間にも、新しい酵素が発見されているのかもしれませんね。
では、それぞれについてもう少し詳しく見てみましょう。


 

体内酵素(潜在酵素)

 

体内酵素とは、体内でつくられる酵素です。体内酵素は、消化酵素と代謝酵素に分けられます。

 

消化酵素

消化酵素とは、読んで字の如く、体内で消化を担う酵素です。逆に消化酵素がないと、人間は食べたものを消化することができません。
そもそも人間の体は、食べた物をそのままの状態で吸収できるわけではありません。食べたものを、腸で取り込むことのできる分子レベルまで分解(=消化)してから吸収しているんですね。その分解を担っているのが消化酵素です。消化酵素のよって分解された食物(=栄養素)は小腸で吸収され、体のためのエネルギーになっていきます。

 

なじみのある消化酵素を例にとって、その働きを見てみましょう。
・アミラーゼ・・・唾液やすい臓に含まれる消化酵素で、炭水化物を分解します。
・ペプシン・・・胃に存在する消化酵素で、タンパク質を分解します。
いかがですか?何となくイメージできますか?

 

代謝酵素

消化酵素によって吸収された栄養素を、体の中で働かせるのが代謝酵素です。私たちが呼吸をしたり、脳で思考をしたり、体が病気やけがを治したり、体に入った有害物質を除去したりするのも、みんなみんな代謝酵素あってこそ。つまり、人間のありとあらゆる生命活動を担っている酵素ということです。
消化酵素に比べてイメージしずらいですが、“すごいヤツだ!”ということだけはわかりますね。

 

 

消化酵素と代謝酵素の関係

 

元々、体内で1日に作られる酵素の量は決まっています。1日に使える量も決まっています。この一定量の酵素が、消化酵素と代謝酵素に振り分けられているわけです。
酵素栄養学の著者エドワード・ハウエル博士は、「消化酵素を使いすぎると、代わりに代謝酵素が不足してしまう」と提唱しています。

 

つまり、食べ過ぎなどで消化酵素を使い過ぎてしまうと、代謝に回せる酵素が減ってしまい、逆に
病気などで代謝酵素が消費されれば、消化に回す酵素が減ってしまうということですね。

 

 

食物酵素(体外酵素)

 

食物酵素とは、食物から摂れる酵素のことです。体内酵素に対して、体外酵素とも呼ばれています。
食物酵素は、新鮮な生の食べ物に含まれています。生の肉や魚、生野菜、果物には皆酵素が入っています。また、みそ、納豆、糠づけなど、昔からなじみのある発酵食品にも豊富に含まれています。

 

関連ページ

酵素って何?
酵素とは。酵素について説明します。