酵素ドリンクとは

酵素ドリンクって何?飲む意味はあるの?

酵素事情が崖っぷちの50代!そこで登場するのが酵素ドリンクです。最近、ダイエットや健康、アンチエイジングに大人気ですよね。

ところで酵素ドリンクって、一体何者???
毎日飲むものなので、きちんと理解しておいた方が良さそうです。

 

酵素ドリンクとは、微生物の力を借りて、野菜や果物、野草、海草などを発酵させて作った発酵エキスのことです。正式な呼び名は、「補酵素飲料」と言います。発酵エキスそのものをボトルに入れた商品もあれば、エキスを水で薄めている商品もあります。

 

発酵エキスと聞くと、黒くてドロドロした液体を想像しますよね。でも実際はそんなことありません。各メーカーが工夫を凝らし、飲みやすい形になっています。
材料や期間、製造方法は、商品によってまちまちです。中には、野草や樹液などを使っている商品もあり、原材料名を見ると「へー、こんなものまで入ってるんだ」と、なかなか興味深いですよ。

 

 

なぜ発酵?

 

では、なぜ発酵させる必要があるのでしょうか?野菜や果物をそのまま食べたり、野菜ジュースを飲むだけではだめなのでしょうか?

 

発酵させる理由は2つあります。
1つは、発酵させることによって、栄養価を高めるためです。
大豆を発酵させて納豆にすると、栄養が豊富になりますよね。それと同じことです。
もう1つは、発酵させることで素材の成分を低分子化し、体内で吸収されやすくするためです。
発酵パワーってすごいですね!

 

 

酵素ドリンクに酵素は入っていると思いますか?

 

では、ここで問題です!
「酵素ドリンクに、酵素は入っているでしょうか?」
“酵素ドリンク”って名前が付いているぐらいですから、酵素はたっぷり入っていると思いますよね。でも残念ながら、答えはNO。酵素ドリンクに、酵素はほとんど入っていません。
酵素ドリンクは、清涼飲料水のジャンルに入ります。清涼飲料水は、出荷時の加熱処理が義務付けられています。もちろん酵素ドリンクも同様です。酵素はタンパク質。タンパク質は熱に弱いので、この加熱処理でほとんど失活(変質)してしまいます。!

 

加熱処理と酵素の失活について、いくつかのメーカーに確認してみましたが、答えを濁すメーカーもありました。まだまだ研究途中の酵素の世界。グレーゾーンなのかもしれません。

 

その中にあって、「酵素は、出荷時の加熱処理で失活しています!」とはっきり答えてくれたのが、優光泉を扱うエリカ断食道場です。この回答で、私のメーカーに対する信頼度はグググッとアップ!優光泉への評価も高まりました。

 

補足ですが、失活とは化学物質などの活性が失われ、反応を起こさせなくなることです。生物が死ぬこととは意味が異なります。

 

 

酵素ドリンクを飲む意味はない?いいえ、ありますとも!

 

ここまで読んで、ショックを受けられた方も多いのではないでしょうか。
酵素が入っていると信じていたのに!
酵素が入ってないなら、飲む意味がない!
と思ってしまいますよね。
でも「酵素が入っていないなら、飲む意味がない!」と、結論付けるのは早過ぎます。飲んだことのある方ならおわかりと思いますが、酵素ドリンクを飲むと、体に何らかの変化が現れます。私の場合もそうでしたから、間違いないと思います。

 

多くの材料を使って発酵させた酵素ドリンクは、いわば栄養の塊です。何十種類や何百種類の素材の栄養素が、ギュッと濃縮されています。商品によっては、生きた酵母菌や乳酸菌が入っていることも!私がイチオシする優光泉は、コップ1杯でバケツ1杯分の栄養が摂れるとか。同じ量を食事で摂ろうと思ったら・・・、考えただけでも気が遠くなりますね。

 

酵素ドリンクに含まれる栄養素は、胃で分解された後、体内酵素の材料となります。「酵素を足す」のではなく、「酵素をサポート」するんですね。
サポートされた体内酵素は活発になり、消化能力や代謝能力がアップ!その結果、痩せやすい体になったり、便秘が改善したり、様々な効果が生まれてくるというわけです。

 

関連ページ

酵素ドリンクの効果
酵素ドリンクの効果について説明します
酵素ドリンクの選び方
酵素ドリンクの選び方について説明します